Yokabai.blog

世の中の良いものを紹介するブログ!

iPhone写真の拡張子「HEIC」を「JPEG」に変換する方法

f:id:oconomy19:20191024230345p:plain

「いや〜、全然気づいていませんでした。」

はてなブログの記事作成は、普段パソコンで更新することが多い私。写真はiPhoneまたはα6500で撮影したものを使っており、iPhone写真の使用の際は、iPhoneで使用したい写真を選んでAirDropでパソコンで取り込んでいます。

そして、テキトーにデスクトップに置いた写真をブログに追加しようとすると、「未外応のファイル形式です」と表示されアップロードできません。??あれ、こんなこと今まであったっけ?

よく見ると見覚えのない拡張子が。この拡張子、High Efficiency Image File Format(略称はHEIF)と言って、アップルがiOS11から採用している拡張子なんだとか。(拡張子は.HEICと表示されます。)

圧縮率を最大2倍にするんですって。要はファイルサイズは1/2になるってこと?

調べてみるとiPhone内の設定で保存方法を選ぶこともできるみたいなんですが、せっかくアップルさんが容量小さめのファイル形式を提案してくれているので、しかもiPhoneの容量は限りがあるので、そのままにしておくことに。

(参考)iPhoneでの設定:「設定」→「カメラ」→「フォーマット」→「互換性優先」

 

ということで今回はPC上で簡単にHEICをJPEGに変換する方法をご紹介します。

 

 

フリーソフトで一括変換!

www.apowersoft.jp

いろいろ調べてみたんですが、こちらのサイトで提供されているフリーソフトが個人的には手っ取り早いと感じましたので手順を書き留めておきます。フリーソフトなので自己責任で使用をお願いしますね。ちなみにPC環境はmacです。

f:id:oconomy19:20191024232925p:plain

アプリをダウンロードをクリック

▲こちらはフリーソフトを提供しているサイトです。web上でもファイルを選択することで変換が可能ですが、デスクトップ版の方がより早くダウンロードできるようです。

 

f:id:oconomy19:20191024233123p:plain

ソフトウェアインストールのいつもの手順です

▲手順通りにすすめて、使用許諾に同意しつつインストールを行います。あっという間です。

 

f:id:oconomy19:20191024233440p:plain

ソフト起動時の画面です

▲起動すると上の画像のようなソフトが立ち上がりますので、ドラッグ&ドロップで変換したいファイルを追加します。左下のEXIFデータの保持や下中央のJPEG画質を選択できるほか、出力するフォルダも選択できます。設定が終わったら右下の「変換を開始」で変換が始まります。

とりあえず3枚ほど変換処理しましたが、EXIF保持でJPEG画質100の設定での所要時間は12〜15秒程度と、あっという間に変換してくれました。

 

あとがき

このフリーソフトを見つけるまでは、一つ一つ写真ファイルを開いて「ファイル」から「書き出す」を選び、JPEGを選んで保存じていたため、なかなか面倒くさい作業をしいられていました。

1ファイルぐらいのさぎょうであればこのようなやり方でもいいかもしれませんが、複数枚を一括して変換したい場合は断然このソフトが早いですね。

それにしてもiOS11からということは今から2年前くらいにはこの拡張子になっていたってことですよね?全然気づいていませんでした汗 お恥ずかしい…。

ということで、ブログを書くのに相当時間がかかっていましたが、この方法を覚えたので少しだけ時短になりそうです。