Yokabai.blog

世の中のモノ・コト・食を紹介するブログ!

G.H.BASS(ジーエイチバス)ローファーのサイズ感や履き心地、感じたこと。



f:id:oconomy19:20200505172842p:plain

スーツにローファーはふさわしくないらしいけど、やっぱり楽なので履いちゃいます。

ローファーって着こなしが難しいですよね。基本的にはカジュアルに分類されるそうで、スーツスタイルにあわせるのは、私にとってはハードル高しです。

でも、履きやすいし何より楽なので、久しぶりにローファーを履いてみようと思い、今回はG.H.BASSのローファーを購入してみました。

購入したのはG.H.BASS ローガン

今回はG.H.BASSの中でも人気のローガンというモデルを購入しました。

このモデルの特徴などは他のサイトにゆずることにして、見た目がとってもシンプルで「ザ・ローファー」といった佇まいが私のお気に入りポイントです。

f:id:oconomy19:20200416071439j:plainf:id:oconomy19:20200416071512j:plain
左:おしゃれな外箱 右:靴べらも同梱

f:id:oconomy19:20200416071529j:plainf:id:oconomy19:20200416071536j:plain

気になるサイズ感は?

通販で躊躇してしまうのが、 サイズが合わせられないということ。

とくにローファーやビジネスシューズは、サイズ感にシビアで、少しでも大きいようだと踵が浮いてしまい不格好になってしまいます。

このモデルは、どのECサイトでみても 小さめの作りなのでワンサイズ大きめをチョイスすることを推奨しています。

レビューでもサイズに関するレビューが多く、「ワンサイズ大きめで正解だった」「ジャストサイズで良かった」などと、概ね大きいサイズを購入している人が多い印象。

このようなことを考慮し、普段スニーカーで26.0cmを履いている私がチョイスしたのは、 US8.0/26.0cm。

革靴は総じて25cm〜25.5cmを選んでいたため、少し勇気のいる選択でした。

実際に履いてみると

そんなこんなで、実際に履いてみると、たしかに26.0cmにしては小さめの作りなのがうなずけます。薄手の靴下を履いてからローファーに足を入れてみると、なかなかのぴったり感。ただ、この手の靴は馴染んでから伸びそうなので、最初からこのサイズ感だとあとあとどうなのかが気になるところ。

そして、両足履いてみると驚くことに・・・・右の靴が大きいような気がする。

レビューにもサイズが違うと書かれていた方がいたが、まさかそんなことがあるの?

ローファーを履いて歩いてみると右足だけ抜けそうな感覚。

これは品質の問題だとこの記事を書くまで思っていたが、ふと思い出しました。そうだ、ZOZOMATで測ったら、右足小さかったっけ。

f:id:oconomy19:20200505170342p:plain

▼過去の記事はこちら。
www.corecore19.com

0.4cm程度の違いですが、このくらいの違いでもローファーだと履き心地にかなり影響するんだなと妙に納得。ZOZOMATのおかげだ。

数日履いて気になったこと

サイズが気になるほか、数日履いて気づいたことは、底面が革になっているので滑りやすいということ。こちらは靴屋さんでゴムの靴底を取り付けてもらうことをおすすめします。

f:id:oconomy19:20200416071548j:plainf:id:oconomy19:20200416071555j:plain

私の場合、自転車で通勤するためペダルを漕ぐときに滑る滑る…。慣れたら問題有りませんが、最初はものすごく怖かったです。

まだまだ履きはじめで、靴に履かされている感じです。

馴染むまでにはもう少し時間がかかりそうです。

あとがき

いろいろ問題点はありますが、シンプルなローファーなので、フォーマルにもカジュアルにも合わせやすいのではないでしょうか。(カジュアルスタイルでローファー履いたことないけど…(汗))

値段も手頃なわりにしっかりとした作りで長く履けそうなので、大事に履いていきたいです。



ブログランキング・にほんブログ村へ